キャバ嬢と付き合う時に気をつけたいこと

今回はキャバ嬢と正式に付き合うことになったという方のために、彼女がキャバ嬢だからこそ気をつけたいことをお伝えします。
特に元はキャバ嬢とお客さんという関係から付き合うことになった場合、キャバ嬢とのお付き合いが慣れていないという場合はその分注意したいことがあります。

まず非常に重要なのがキャバ嬢のお仕事をしっかり理解するということです。キャバ嬢のお仕事はお客様に気持ちよくお酒を飲んでもらうことです。
またキャバクラという場所自体が疑似恋愛を楽しむ場でもあるので、お客様相手に少し気持ちがあるような発言もするかもしれません。
しかしこれはお仕事なので仕方がないことです。「自分以外の男に媚び売ってる!」なんてヤキモチを焼いてしまうようでは、キャバ嬢と付き合うのは難しいでしょう。
例えばヤキモチから「同伴はダメ」「営業メールするなら内容見せて」「アフターは絶対に行くな」というように、お仕事の内容に煩く口を出してしまうとキャバ嬢はうんざりしてしまいます。
「アフターするなら連絡はして」というように、譲れるところは譲り、どうしても譲れない場合はこちらの希望を伝えるようにしましょう。この辺りについては、付き合い始めにしっかりとルールを決めておくとスムーズだと思います。

またキャバ嬢は夜にお仕事するため、自分が昼に働いている職種だと、中々2人で過ごすという時間も作れないかもしれません。生活リズムが違うのは仕方ないので、一緒に過ごせる時は一緒に過ごすというように、意識していくことも大切でしょう。