キャバクラでキャバ嬢に幻滅される行為

キャバクラ遊びはお金のかかる遊びですので、少しでも安く抑えたいという気持ちもあると思います。
そこで問題になるのが「値切り行為」です。意外かも知れませんが、キャバクラで値切っているお客さんもたまにいるんですよね・・・。
この値切りはキャバ嬢からかなり嫌われる行為の一つなので注意しましょう!

値切るという行為はそれだけで「ケチ」「お金ないやつ」と思われます。そもそもお金がないのならキャバクラに来るなともなりますし、指名嬢もお店の他の子から「値切りをする小さいお客が指名客のキャスト」というように思われてしまいます。つまり指名嬢の顔に泥を塗ることになるのです。
またお店によっては、値切ったお客さんがいた場合、その指名嬢のバックがなくなってしまうこともあります。女の子たちにとってバックはお給料に大きく影響します。それがなくなってしまうのは大きな痛手です。

中には値切ったことを「俺、値切り上手でしょ?」「キャバクラで値切れない奴は半人前!」というように武勇伝のようにキャバ嬢たちに話すお客さんもいますが、そういうお客さんはただの痛客です。
キャバ嬢からもお店のスタッフからも痛い奴だと思われています。

キャバクラで値切ることは決して凄いことではないこと、むしろ軽蔑される行為ということを知っておきましょう。