セクキャバでもドリンクのおねだりはある?

セクキャバはキャバクラと違いお酒を飲むよりもお触りがメインなのでおねだりも少ないように思われるかもしれませんが、セクキャバでも女の子たちからドリンクのおねだりはされます。
これはセクキャバにもドリンクバックが用意されているためです。ドリンクを注文してもらえればもらうほどお給料にも反映されるため、飲むのがメインではないセクキャバでもおねだりがあるのです。

キャバクラでも同じですが、セクキャバでも1セットに最低1ドリンクは女の子に入れてあげるのが暗黙のルールとなっています。
しかしフリーで入った場合、女の子が変わるたびに注文してあげていたら総額も結構痛いものになってしまいます。
おねだりされるままに注文するのではなく、自分で「この子には注文してあげたい」と思った子に注文するなど、自分でドリンクを入れる基準を決めておきましょう。
指名の子にだけ入れる、指名の子以外でもいい子だと思った子に入れるというように、基準を決めておけば無理なくセクキャバ遊びを楽しめます。

問題は断り方です。断るときに重要なのがはっきりと言うことです。
「今日はちょっと・・・」というような曖昧で弱々しい断り方だと、押しの強い女の子から「押せばいける」と思われてしまいます。
「今日お金ないんだよね」「余裕のあるときにね」というように「今日は入れない」ということをはっきりと伝えましょう。
目の前にいる女の子からの評価は下がってしまうと思いますが、少し無理してでもドリンクを入れたいと思えない子はこちらも特別仲良くなりたいと感じているわけではないので、特に問題ないでしょう。